*

【R31】7th スカイラインは武骨さが魅力~そのとき、精悍~

公開日: : 最終更新日:2019/08/27 R31スカイライン, 日産自動車 ,

そのとき、精悍

R31スカイラインはF31レパードとプラットフォームが同じらしいので親近感があります。

今までR31に興味をもっていましたが、ほとんどと言っていいほどR31についての知識がありませんでした。

今回は昭和61年発行の「ゴールドCARトップ スカイラインGTS 総特集」を元に、ド素人ながらR31の魅力に迫ってみたいと思います。

7代目スカイライン R31

1986年5月、2ドアクーペGTS、セラミックターボ搭載のGTSターボ(E-HR31型)が発売されました。

その当時のキャッチフレーズが「そのとき、精悍」だったようですね。

当時のイメージビデオがまたカッコイイんです!

「走り」を強調した映像美に惚れてしまいそうですね。

この映像を見てしまうとR31に乗りたくなってしまいます!

GTSの称号「グランドツーリングスポーツ」~Good Taste Sprits~

R31と言えば、やはり「GTS ツインカム24Vターボ」が気になります。

オートスポイラー

70km/h以上になると感知し、自動でスポイラーがせり出してくるという優れた機能があります。

減速して50km/h以下になると自動的に収納されます。

200km/hオーバーでの吸いつく安定性は体験してみたいですが、ヘタレな私にはコワい気もします(^_^;)

セラミックターボ

セラミックターボのRB20DETエンジンは、180ps/6400rpm出力を誇ります。

2500~3000rpmにかけて本格的なターボトルクが発生しはじめる低・中速重視タイプ。

ハイキャス

「ハイキャス」っていう言葉を今までよく耳にしていましたが、恥ずかしながら今回初めてその意味を知りました(^_^;)

高速走行時にステアリングを切る際、リヤサスペンションメンバーごと角度を変えてくれるという優れものらしいです。

この機能があることによって、中・高速でのコーナーリングが安定するのですね。

4WAS

4WASとは4輪アンチスキッドシステムの略です。

急制動時などのブレーキロックを防ぎ、最適な制動性能を発揮します。

オプショナルパーツ

R31は、もちろんオプションパーツも充実しています。

ADルーフシェイド

個人的に気になったのはルーフシェイドです。

リヤクォーターシェイドと合わせて装着したら統一感が出て良さげですね!

レザーセレクトレバーグリップ

これはF31にも欲しい!

オートマなのでそんなには変速はしないですが、セレクトレバーを触る感触が良さげですよね。

おそらく流用できると思いますので、もし手に入れたらレパードにも付けたいですね!

BBSホイール

やっぱり日産の31系にはBBSホイールがしっくりいきます!

そういえば、何年か前に手に入れたBBSが実家に眠ってたっけ・・・

これ見てたら、F31レパードにも装着したくなりました(^_^;)

BBS熱の再燃か????

サイドアクセントストライプ

友人のレパード乗りの方がオプションでピンストライプ入りのレパードに乗っています。

実物を見ると本当にアクセントになるのでイイナァって思うポイントですね。

ADエアロウイング

リヤスポイラーは好みが分かれるところですね。

オプションという言葉に弱い私なので、一度は装着してみたいですね。

”男”から告ぐ!

当時の時代感だから出来たのだと思いますが「男感」満載のコピーが光ります。

でも私の奥さんにこんな言葉を一言でも発したら、それはもう、、、まさに

「火の車」でしょうね(^_^;)

コワイー!!

でも「いつも笑顔でいてくださいね」(^。^)

R31 カタログ集

GTS TWINCAM 24V TURBO NISMO

ところでR31には「GTS TWINCAM 24V TURBO NISMO」というモデルがあります。

「NISMO ROADCAR COMPLETE BOOK 2017」の記事内から読み解いてみましょう。

1000台限定販売

1987年3月。

GTS-R登場以前に、NISMOを冠した「30周年記念車」として1000台限定で販売されました。

他のターボモデルと明確な性能差はありません。

主な特長として次のようなことがあげられます。

  • スポーツ性を高めた内外装のアレンジ
  • ジャージ地を主材としたドアトリムやモノフォルムバケットシートの採用
  • モノトーンを基調とした、グレーとブラックで室内に抑揚をつけた色使い
  • イタルボランテ製ステアリングを装備
  • NISMOグレード専用色として「ダークブルー」と「ブラックメタリック」を設定
  • ダークブルー仕様車には専用のフロントエンブレムとリヤステッカーを装着

個人的には「フロントエンブレム」と「リヤステッカー」にグッ!ときます!

この頃の「NISMO」ロゴのデザインもカッコイイですよね!

スペック

  • エンジン RB20DET
  • エンジンタイプ 直列6気筒DOHCターボ
  • 最高出力(ps/rpm) 180/6400
  • 最大トルク(kgm/rpm) 23.0/3600
  • 使用ガソリン 無鉛レギュラー
  • トランスミション 5MT(OD付き4速AT)
  • 総排気量(cc) 1998
  • タイヤ 205/60R 15
  • サスペンション(後) セミトレーリングアーム

個人的に思ったのは・・・

使用ガソリンはハイオクではなく「レギュラー」だったんですね。

R31のGTSターボ NISMO車なんて、公道ではめったにお目にかかれないですよね!

いつか現車を見てみたいです!

日産31系は素晴らしい

最後に、、

やはりこの時代の日産31系は名車と呼ばれるように魅力的ですね。

現在F31レパードに乗っていますが、R31にも俄然興味が湧いてきました。

R31の現車を見る機会があったら、色々な角度から観察して感じてみたいと思います。

関連記事

日産 スカイラインの魅力


人気ブログランキングへ

関連記事

【C210スカイライン】日産スカイライン ジャパンの取扱説明書

■目次 1. ジャパンの取扱説明書 2. 昭和52年 3. まとめ 4. 関連記事 5.

記事を読む

【昭和40年男】令和元年に、平成をあえて飛び越えて昭和を振り返ってみませんか?

■目次 1. 昭和の魅力 2. 昭和の車・バイク 3. まとめ 4. 関連記事 昭和の魅力

記事を読む

【S13シルビア】記憶に残る名車達

■目次 1. 記事トップ 2. 赤いS13 3. 5代目 シルビア 4. 名車は走り続ける 赤いS

記事を読む

【C33ローレル】時代のまんなかにいます。

■目次 1. C33ローレルの魅力 2. 主なグレード 3. インパネ廻り 4. オプション

記事を読む

【目指せ!30万キロ】20万キロオーバーの徹底メンテナンス

*このブログ記事は、不定期に加筆・更新されます。あらかじめご容赦くださいm(__)m ■目次 1

記事を読む

日産【新型NOTE e-POWER】と【新型NOTE NISMO】~9年目の浮気~

次世代の電気自動車 新型NOTE e-POWER 2016年11月に発売された、新型NOTE e

記事を読む

【永遠のライバル!】F31レパード vs Z20ソアラ

■目次 1.【昭和61年初版】~新車徹底比較~ 2. 日産 F31レパード 3. トヨタ Z2

記事を読む

日産ノート コンパクトカーの魅力

たまたま、日産ノートに乗る機会がありました。 私なりの試乗インプレッションをしてみたいと思いま

記事を読む

【DAYZ Highway STAR】試乗インプレッション

試乗インプレッション ひょんなことから、DAYZ Highway STARに乗る機会があったので試

記事を読む

【S13シルビア】アートフォース・シルビア

■目次 1. S13シルビアの魅力 2. 前期・後期 3. 1991年1月 カタログより 4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【SEIBERLING SL101】155/65R 14 75S

■目次 1. SEIBERLINGの魅力 2. 信頼のMade i

【ボンネットフードロックのお手入れ】KURE 高浸透パーツクリーナーを使ってみた感想

■目次 1. ボンネットの開閉 2. KURE 高浸透パーツクリー

【2019年11月】12カ月点検

■目次 1. 法定点検 2. ブレーキパッド残量 3. まとめ

【HE22S アルト ラパン】 ショコラ Chocolatの魅力

■目次 1. ショコラの魅力 2. 内装が可愛い 3. 今後のメ

【GT Cafe 軽井沢】日帰り温泉ツーリング

■目次 1. ツーリング 2. GT Cafe 軽井沢 3. 十

→もっと見る

PAGE TOP ↑