*

ブレーキストッパーラバー交換

公開日: : 最終更新日:2017/08/01 F31レパード, 整備記録

トラブルの予兆を察知せよ~五感をフルに使って愛車を守ろう♪~

突然のバッテリー上がり

仕事を終えてレパードに乗り込み、エンジンをかけようとキーを回そうとしたら全く反応がありません。

おそらくバッテリー上がりだろうと推測しましたが、思い当たるフシがなく困っておりました。

そんな時、ふと運転席の足元を見てみたのです。

「ん??コレって何だ??」

これはまさか、、、

以前レパード仲間から聞いていた「ブレーキストッパーラバー」ではないのか??

このブレーキストッパーラバーが劣化して、気が付いたら粉砕し足元に散らばっているという状況を何人かのレパード乗りから聞いたことを思い出しました。

「バッテリー上がりの原因はコレだ!」

原因が分かっただけでも、少しは心が軽くなります。

このときレパード仲間に感謝したのは言うまでもありません。

バッテリー上がりの原因

ブレーキストッパーラバー粉砕によるブレーキランプの点きっぱなし

ブレーキを踏んで無い状態

ブレーキスイッチの突起は、ラバー(赤)に押し込まれています。

この状態ではストップランプは消灯しています。

ブレーキを踏んだ状態

ブレーキスイッチの突起は、ラバー(赤)から離れるので「押し込まれない状態」になります。

この時、ストップランプが点灯します。

先ほどの足元に散らばっていた黒いかけらは、ココのストップラバーだったのです。

ちなみに現行品は黒ではなく、緑色の部品になります。

部品番号 46512-H0101

ディーラーでブレーキストッパーラバーを頼んだところ、すぐに調達出来ました。

ひとつ400円位なので、予備も合わせて3個頼んでおきました。

ストッパーラバー交換作業

ASCDキャンセルスイッチラバー交換もついでに

それではレパードの足元を覗いてみましょう。

左側の黒い突起がブレーキスイッチの突起です。

右側の白っぽい突起がASCDキャンセルスイッチの突起になります。

見事に両方ともラバーが無いので、突起が出っぱなしですね。。

これではブレーキを踏んでない状態でもストップランプが点きっぱなしになり、バッテリー上がりになるわけです。

右側の白っぽい突起のASCDキャンセルスイッチはというと、高速道路を走行時でのクルーズコントロールに関係してきます。

ASCD(オート・スピード・コントロール・デバイス)

今のままの状態では、クルーズコントロールが常に解除になっている状態のままですから、きっとクルーズコントロールが使えない状態なのだと思います。

長距離での高速時にはクルーズコントロールを使うので、これが使えないと不便ですよね(^_^;)

取付完了!

取付は自分でやろうと思っていましたが、ディーラーさんが無料でやってくれるとのことでお願いしてしまいました。

これでストップランプも無事に消灯してくれます。

これで不意のバッテリー上がりに悩まされることは当分ないでしょう。

最後に

トラブルは未然に防げる!

実は、、、

このブレーキストッパーラバーのかけらなのですが、ずいぶん前に足元に散らばっていたのに気づいていたんです。

でもその時はストップランプも点灯していなくて、もちろんバッテリー上がりもありませんでした。

なのでその時はそのままにしてしまったんですよね。

今思えばきっと、そのかけら達はASCDキャンセルスイッチラバーだったんだと思います。

だからストップランプも点かなかったし、特に悪影響はなかった。。。。

もっと想像力を!

ええ!もちろん自分自身に戒めで言っております(^_^;)

あの時、、、

「あ、このかけらってASCDキャンセルスイッチラバーじゃね?ってことはブレーキストッパーラバーもそのうち割れて粉々になるんじゃね?やばくね?早めに交換したほうがよくね?」と思ってディーラーに部品を注文するなり予備整備で交換するなりの行動をしていれば

  1. バッテリー上がりを防げた
  2. バッテリーに余計な負荷をかけずに済んだ

わけです。。。

一度バッテリー上がりをしてしまうと、バッテリーの寿命が短くなるらしいですからね。

愛車に可哀そうなことをしてしまったものです。

というわけで、、、

今回の教訓

「もっとトラブルを事前に想像して早めに対処しよう」

基本的なことですが、面倒くさがらずに小まめに手をかけていきたいと思います。

でも何事も、コレが出来ると苦労はしないですよね(^。^)

ここまで読んでくださってありがとうございます。


人気ブログランキングへ

ブロトピ:メンテナンス・トラブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

エアコン修理 其の四

エアコン再々修理 2013年6月に、大がかりなエアコン修理を行いました。 エアコン修理 

記事を読む

シフトノブの分解

O/Dスイッチの取り出し 分解作業 前回記事 シフトノブ交換② で取り外したF31のシフトノブで

記事を読む

シフトノブ交換①

シフトノブ交換で O/Dスイッチの不具合を解消する Y31セドリックのシフトノブを流用 前回記事

記事を読む

旧車雑誌「ハチマルヒーロー」を読みながら

「ハチマルヒーロー」という旧車雑誌を久しぶりに買いました。 80年代90年代の「ちょっと古い車

記事を読む

エアコン修理 其の三

2013年6月にエアコン修理を経験しました。 エアコン修理 其の一 エアコン修理 其の二

記事を読む

【F31 レパード】オイル交換 2017年3月

前回から約5000km位走っていたので、いつものディーラーでオイル交換をしてきました。 やはり小

記事を読む

エアコン自動診断機能

エアコンの自己診断 整備要領書(追補版)にて、エアコン自動診断機能についての表記があります。主要構

記事を読む

ストップテールランプ交換

ストップテールランプ警告灯 いつも通り運転していると、ふと見慣れないランプが点灯しました。

記事を読む

【あぶない刑事】レパード ミニカー

奥さんから粋なサプライズ・プレゼントをいただきました。 トミカの、あぶない刑事レパードミニカー

記事を読む

サンバイザーの簡易補修

サンバイザーの剥がれ直し 現状確認 これからの季節は日差しが強くなりサンバイザーは必須ア

記事を読む

Comment

  1. MT55Aマニア より:

    こんばんは。
    自分も経験あります。
    突然にもかけらが転がっていて、エンジンかからない・・・。

    以前、カキコしました「XS」のレパード、今の地元の近くにお住いの方の車のようで、偶然にもとまっている場所を発見してしまいました。
    勘違いしてしまい、申し訳ないです。

    今の房総エリアでは、後期のXSパールツートン、そして前期のホワイトツートンが常に存在しているようです。

    • leopard-f31 より:

      MT55Aマニアさん、コメントありがとうございます(^.^)
      やはりココの部分はレパードでは「あるある」なのですね?
      バッテリー上がりを起こしてしまい、今度はバッテリー寿命が気になっています(^_^;)

      いえいえ、お気になさらずに~
      房総エリアには、前期後期ともにパールホワイトが存在するのですね?!
      羨ましいです(^.^)
      実はウチの近所にも後期パールホワイトの車検切れが止まっていますので、ちょっと気になっていますね♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【安全運転】カーブミラー設置の申請

カーブミラーとは?   道路のカーブや交差点

【MAZDA レストア事業】 初代ユーノスロードスターNA型のオーナー様が羨ましい件

レストアサービスの開始 「一生、ずっと乗るつもりです。」 なんとM

【千葉県 大網白里】向日葵畑とF31レパード~1万本のひまわり~

大網白里 ひまわり畑 見頃は7月下旬~8月上旬 千葉県大網白里市に

【S13シルビア】記憶に残る名車達

■目次 1. 記事トップ 2. 赤いS13 3. 5代目 シルビア 4

エアコン修理 其の四

エアコン再々修理 2013年6月に、大がかりなエアコン修理を

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 5月   7月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑