*

【AE86】ハチロクの魅力

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 AE86 ハチロク, トヨタ自動車 , ,

ハチロクの魅力

ハチロクといえば、走り屋さん御用達の80年代を代表する国産FRですよね(^。^)

個人的には前から気になっていたクルマでしたが、ハチロクについての知識は全然ありませんでした(^_^;)

ド素人ながらも・・ハチロクの魅力について少しだけ調べてみることにしました(^.^)

4A-GEUエンジン

ハチロクの心臓部であるエンジンは、4A-GEUになります。

ここではトヨタのエンジン修理書を参考にしてみたいと思います。

車種構成一覧表

  • カローラレビン(E-AE86)
  • スプリンタートレノ(E-AE86)
  • カリーナ(E-AA63)

面白いなぁと思ったのは、AA63カリーナも同じエンジン4A-GEUが載っているんですね。

そしてAE85には3A-Uエンジンが載っています。

油量

  • オイルのみ交換時 3.0L
  • オイルとフィルター交換時 3.3L
  • 全容量 3.7L

ラジエーター

  • 冷却水全容量 1.3L

バッテリー型式

  • NS40ZAL
  • NS60L

スパークプラグ

  • NGK BCPR5EP-11
  • ND PQ16R

オルタネーター

  • 定格出力(A) 60
  • 出力回転数(rpm) 5000以下(13.5V)

スターター

  • 定格出力(KW) 0.8
  • 無負荷特性 電圧(V) 11.0
  • 無負荷特性 電流(A) 50以下(5000rpm以上)

4A-GEUをチューンアップして乗られる方が多いそうですね。

個人的には4A-GEUをオーバーホールしたハチロクにも魅力を感じます(^.^)

4A-Gエンジン

エンジン修理書によると、OHは大きく3つに分かれるようですね。

  1. タイミングベルト
  2. シリンダーヘッド
  3. シリンダーブロック

ド素人の私にはさっぱり分かりませんが、色んな作業工程があるようです(^_^;)

  1. タイミングベルト取り外し
  2. アイドラプーリー点検
  3. テンションスプリング点検
  4. タイミングベルト取付
  5. シリンダーヘッド取り外し
  6. シリンダーヘッド分解
  7. シリンダーヘッド構成部品点検、清掃
  8. バキュームコントロール バルブセット点検
  9. シリンダーヘッド組付け
  10. シリンダーヘッド取付
  11. シリンダーブロック分解
  12. シリンダー点検
  13. ピストンおよびコネクティングロッド分解
  14. ピストン点検
  15. クランクシャフト点検
  16. リヤオイルシール脱着
  17. ピストンおよびコネクティングロッド組付け
  18. シリンダーブロック組付け

もしも愛車をエンジンオーバーホールしたら、安心してずっと乗り続けていけるので安心ですよね!(^^)!

エンジンオーバーホールは、旧車乗りの夢ではないでしょうか(^。^)

しかし作業工程がこんなにもあるなんて(^_^;)

改めて整備関係に従事されているプロの方々には頭が下がりますm(__)m

エンジン チューンアップ

4A-Gのエンジンチューンも人気の一つのようですね。

エンジンのさらなるパワーアップ、性能アップを図るのは定番の手法です。

ここでは「AE86 ハチロクを極める」という本を見てみましょう。

ヘッドチューン

ヘッドチューンでは、ポートと燃焼室、バルブまわりのセットアップをしていきます。

ブロック

ピストン加工やクランク、フライホイールのセッティングをしていきます。

燃料

コンピューターやインジェクター、大容量ノズル等をセッティングしてポテンシャルを引き出していきます。

純正パーツ 流用チューン

ピストン/AE92/CA18DE

ピストン径等の違いなどがありますが、AE92後期型エンジンに組み込まれているハイコンプ仕様ピストン等を流用していきます。

コンロッド/AE111

オイルの流れ、メタルの爪、オイル溝、材質の向上、軽量化等からAE111を選択します。

クランクシャフト/AE111

フルカウンタータイプと呼ばれるAE92以降のクランクは、カウンターウエイトの形状(厚み等)が揃っているので性能アップにつながります。

まとめ

ハチロクといえばドリフト等の走りの面で注目されることが多いと思います。

ハチロクに普段接することがない自分などは、やはり走りのイメージが強いですね。

しかし一方でハチロクオーナーさんは、整備やメンテナンスにも労力を費やされているのだろうなと考えると凄いなとも感じます。

ドライビングテクニックだけでなく、メンテナンス力も問われるからです。

今回取り上げた4A-Gエンジンなどが良い例ですね。

エンジンだけでも多くの手を入れる箇所があると思いますので、足廻りその他を考えると・・

本気で乗られているオーナーさんには敬意を表しますねm(__)m

街中でハチロクとすれ違うとテンションが上がるのは、単純に車がカッコイイだけでなくオーナーさんの愛車に対する本気度が伝わってくるからかもしれません。

関連記事

【時代が令和に変わっても人気上昇中!】魅惑のネオクラシックカー おすすめ3選

おススメのクルマ雑誌

今回の記事は「TOYOTA 4A-GEU エンジン修理書」を参考にしました。

有益情報満載のクルマ雑誌は本当に役に立ちますよね!

お役立ち情報は、楽しい旧車ライフをさらに充実させてくれます(^.^)

当管理人が厳選した、おススメのクルマ雑誌・カタログは コチラ です(^.^)

中にはスーパーレア?なアイテムもあるかもしれませんので、是非チェックしてみてくださいね(^。^)
スーパーレアなアイテムを見に行く

関連記事

【あの頃、乗りたかったクルマたち~トヨタ編~】初代セルシオ / UCF10 CELSIOR

■目次 1. 初代セルシオ 2. 今の中古相場は? 3. まとめ 4. 関連記事 初代セル

記事を読む

【カローラ アクシオ】試乗インプレッション

ひょんな事から、トヨタのカローラ アクシオに乗る機会がありました。 普段はレパードばかりに乗っ

記事を読む

【時代が令和に変わっても人気上昇中!】魅惑のネオクラシックカー おすすめ3選

■目次 1. ネオクラシックとは? 2. ネオクラシックカーの魅力 3. まとめ 4. 関連

記事を読む

【クラシック・カーの魅力】個人的に気になる世界のヴィンテージ・カー 4選

■目次 1. クラシック・カーの魅力 2. 気になるクルマたち 3. まとめ 4. 関連記事

記事を読む

【永遠のライバル!】F31レパード vs Z20ソアラ

■目次 1.【昭和61年初版】~新車徹底比較~ 2. 日産 F31レパード 3. トヨタ Z2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【パワステホース交換】テールレンズ交換

■目次 1. パワステホース交換 2. テールレンズ交換 3.

【1円玉貯金】塵も積もれば

■目次 1. それは1円玉から始まった 2. 気になる総額はいくら

【自動車】100年後の未来

■目次 1. 電気自動車の魅力 2. 20年後 3. 100年後

【テールレンズのお手入れ】コンパウンドによる磨き作業からコーティング施工まで

■目次 1. 状態確認 2. 作業内容 3. まとめ 4. 関

【テールレンズ】ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH

■目次 1. ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH 2.

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑