*

【時代が令和に変わっても人気上昇中!】魅惑のネオクラシックカー おすすめ3選

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 Y31 グロリア, Z20ソアラ, トヨタ自動車, 日産自動車, 自動車全般, 車雑誌・カタログ

ネオクラシックとは?

ここ何年か「ネオクラシックカー」という言葉をよく耳にします。

時には「ネオクラ」なんて略されることもありますね!

一般的に1980~90年代の「ネオ(=新しい)クラシックカー」つまり、ちょっと古い車「ちょい古」クルマが対象になります。

今回はネオクラシックカーのなかでも、個人的におススメの3モデルをピックアップさせていただきます。

「ネオクラシックカー」の魅力

バブル景気」に沸く時代に誕生した車は、優れたパフォーマンスと独特のデザインを持った魅力的なモデルがたくさん存在しました。

デートカーやスペシャリティカー、ハイソカーという言葉も流行りましたよね!

現在はエコカーが主流となっていますが、当時の贅沢な作りやコンセプトが今になって再評価されているようです。

そんな「魅惑の」ネオクラシックカーから個人的におススメの3台はコチラです!

日産 Y31グロリア

Y31グロリアは、1987年に8代目として登場します。

エンジンはVG30ET、VG30E、VG20DET、VG20Eなどが用意されました。

一部グレードを除き、サスペンションはセミトレーリングアームIRSとなります。

なかでも「グランツーリスモ」シリーズは高級車らしからぬスポーティーさとVG20DETの高い動力性から大人気となります!

前期型と後期型と分かれますが、個人的にはどちらも魅力的です。

前期型と後期型の外観的な差は、フロントエアダムバンパーの違いなどが特徴的ですね。

トヨタ Z20 ソアラ

Z20ソアラは、1986年に2代目として登場します。

前のモデルよりもスタイリッシュになり、空力学的にも工夫が施されていて風切音も抑えられました。

室内は高級車らしい上品なつくりで、まさに「スペシャリティカー」「ハイソカー」の名にふさわしいモデルです。

トップモデルのGTリミテッドは当時なんと新車価格483万円!

まさに「古き良きバブリー高級車の代表的な1台」といえますよね!

なによりライバルのF31レパードとの販売競争では大きくアドバンテージを伸ばし、ソアラの存在感はますます確立されていきました。

マツダ ユーノスコスモ

ユーノスコスモは、1990年に4代目として登場します。

キャッチコピーは「クーペ・ダイナミズム」で、2ドアクーペのみ用意されていました。

量産車初の3ローターのロータリーエンジンは、当時は話題になりましたよね。

特にタイプEの20Bエンジンは高出力で当初333馬力で設計されていましたが、運輸省からお咎めが有り280馬力に自主規制されるほど。

室内はオーストリア製の本革やイタリア製の本木目パネル等を採用し、まさに贅沢の極み!

デビュー当時の販売価格はなんと530万円!

この車こそバブルカーの象徴と言えますよね。

まとめ

時代の流れは「エコカー」や「自動運転」「AI」などに移行しつつあります。

特に高齢者の方による事故も多発しているので、法整備と同時に各メーカーの技術刷新が求められる動きになるのは必然です。

同時に「自動車文化」という観点から見てみるとどうでしょうか?

クルマを単に移動手段としてではなく「ヒトの生活に寄り添った大切なパートナー」と捉える人たちは一定数必ず存在します。

文化と効率性。

この共存しそうで相反する2つの矛盾をかかえているからこそ「魅惑のネオクラシックカー」達はこれからも私たちを翻弄し続けるに違いありません。

関連記事

【Y31グロリア】きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る。

【永遠のライバル!】F31レパード vs Z20ソアラ

【4代目 ユーノスコスモ】クーペ・ダイナミズム

 

おススメのクルマ雑誌

当管理人が厳選した、おススメのクルマ雑誌・カタログは コチラ です(^.^)

中にはスーパーレア?なアイテムもあるかもしれませんので、是非チェックしてみてくださいね(^。^)
スーパーレアなアイテムを見に行く

関連記事

【テールレンズ】ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH

■目次 1. ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH 2. 部品番号 3. まとめ

記事を読む

クルマ雑誌の魅力

■目次 1. クルマ雑誌の魅力とは? 2. オートメカニック 3. 整備要領書・修理書・部品カ

記事を読む

【BNR32 スカイラインGT-R】16年振りのGT-R復活

■目次 1. R32スカイライン GT-Rの魅力 2. 8代目スカイライン 3. まとめ 4

記事を読む

【カローラ アクシオ】試乗インプレッション

ひょんな事から、トヨタのカローラ アクシオに乗る機会がありました。 普段はレパードばかりに乗っ

記事を読む

【日常点検】F31Leopard / 2020年5月

■目次 1. エンジンルームのチェック 2. 外周のチェック 3. まとめ 4. 関連記事

記事を読む

【永遠のライバル!】F31レパード vs Z20ソアラ

■目次 1.【昭和61年初版】~新車徹底比較~ 2. 日産 F31レパード 3. トヨタ Z2

記事を読む

【S13シルビア】記憶に残る名車達

■目次 1. 記事トップ 2. 赤いS13 3. 5代目 シルビア 4. 名車は走り続ける 赤いS

記事を読む

【試乗インプレッション】日産マーチ K12型

ひょんなことから、日産 3代目マーチ(K12型)に乗る機会がありました。 早速、試乗インプレッ

記事を読む

【幻の名車】F31レパード アルティマX 1987年/東京モーターショー参考出品車

■目次 1. 1987年 第27回東京モーターショー 2. アルティマX 3. まとめ 4.

記事を読む

【S13シルビア】アートフォース・シルビア

■目次 1. S13シルビアの魅力 2. 前期・後期 3. 1991年1月 カタログより 4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【パワステホース交換】テールレンズ交換

■目次 1. パワステホース交換 2. テールレンズ交換 3.

【1円玉貯金】塵も積もれば

■目次 1. それは1円玉から始まった 2. 気になる総額はいくら

【自動車】100年後の未来

■目次 1. 電気自動車の魅力 2. 20年後 3. 100年後

【テールレンズのお手入れ】コンパウンドによる磨き作業からコーティング施工まで

■目次 1. 状態確認 2. 作業内容 3. まとめ 4. 関

【テールレンズ】ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH

■目次 1. ランプアッセンブリ リヤコンビネーション RH 2.

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑