*

【4代目 ユーノスコスモ】クーペ・ダイナミズム

公開日: : 最終更新日:2019/06/06 MAZDA, ユーノスコスモ, 車雑誌・カタログ

4代目ユーノスコスモの魅力

ユーノスコスモが好きです。

あの流麗なるスタイルがたまりません。

その佇まいは「美しい」という表現では表せないくらいの魅惑の味を持っています。

今回は「CAR and DRIVER 2013年7月号」「間違いだらけのクルマ選び 91年度」「エンジンはこうなっている」等を参考資料に、4代目ユーノスコスモの魅力に迫ってみたいと思います。

世界最高級のロータリークーペ

20B型ロータリーエンジン

量産車初の3ローター・ロータリーエンジン(20B-REW型 654cc×3)は、当時最大のトピックでした。

1990年式 タイプE20Bのスペックになります。

  • 280ps/6500rpm
  • 41.0kg・m・3000rpm
  • プレミアムガソリン仕様
  • 燃料タンク容量 85L
  • ロータリー・ツインターボ
  • 燃費 6.1km/L

いきなりですが・・・ロータリーエンジンって何でしょう??

素人のワタクシなりに、噛み砕いてみようと思います(^_^;)

ロータリーエンジンとは?

ものすごく大雑把に表現しますと・・

なにやら「おむすび」の形をした「ローター」が、まゆの形をしたケースの中を「グルグル」と回転運動をして動力を取り出す仕組みのようです。

一般的なレシプロ(往復)エンジンが、ピストンの直線的な往復運動で回転運動に変換しているのに対し・・・

ロータリー(回転)エンジンは回転運動だけで出力を得ているという点が特徴のようですね。

ロータリーエンジンは3つの燃焼室をもつことになります。

それぞれの燃焼室はレシプロエンジンと同様に「吸入」「圧縮」燃焼・膨張」「排気」という4つの工程をたどります。

ロータリーエンジンとレシプロエンジンの違い

ロータリーエンジンとレシプロエンジンの決定的な違いは、この4つの工程がそれぞれ異なった専用の場所で行われるという点です。

つなりレシプロの4つの工程がすべてシリンダーの上の方にある燃焼室で行われるのに対して、ロータリーは混合気を「吸入」し、「圧縮」する所、「燃焼・膨張」する所、燃焼ガスを「排出」する所がみな違うのです。

ロータリーエンジンの特徴

  • 吸排気バルブがない
  • 気流を妨げるものがないので吸排気がスムーズ
  • ガス交換の効率が良い
  • 2サイクルエンジンと同じように出力軸の1回転ごとに、1回転の「燃焼・膨張」工程がある
  • 出力のわりに軽量、小型
  • レシプロに比べると約2/3の大きさ、重量ですむ

デメリットとしては

  • 平べったい燃焼室がハウジングの壁に沿って移動していくため、混合気を早く完全に燃やしにくい
  • ハウジングの壁面と三角の頂点でのガスのシールが難しい
  • 低回転でのトルク不足
  • 燃費の悪さ

滑らかなロータリーエンジンの乗り味は一度体験してみたいです!

なにしろ「レシプロの12気筒に匹敵するほどの滑らかさ」と謳われたのですから(^。^)

燃費を気にするクルマではないことはよく言われていますが・・・

カタログでリッター6.1kmってことは、実際はリッター3から4ってところでしょうかね?

ユーノスコスモのオーナー様、ぜひ街乗りの燃費を教えていただけると参考になりますねm(__)m

スタイリッシュなインテリア空間

  • 室内はオーストリア製の本革や、イタリア製の本木目パネル
  • ステアリングはキーと連動して上方に跳ね上がる電動メモリー機構内臓
  • 前席は電動パワー式
  • 後席はラウンド形状
  • 世界初のGPSナビを設定(CCS)
  • カーコミュニケーションシステム(CCS)は、標準車の65万円高で設定
  • メーターはイグニッションオンで浮かび上がる

タイヤサイズは215/60R15で、メッシュタイプのホイールがシブイです。

マフラー左右4本出しというルックスも、そそられますね!

そして極めつけは、1990年4月のデビュー時の販売価格はなんと530万円!

これだけの贅沢仕様なので、金額にもうなづけますね(^_^;)

まとめ

エンジンがコンパクトで軽量だからこそ、低いノーズを体現しこんなにも流麗なスタイルを保てたのでしょうね。

今の時代にはない見た目・ルックスは最大の魅力です。

ロータリーエンジンの滑らかでスムーズな走りも体感してみたいものです。

一方で、低速時のパワー不足はやはり街乗りでは少しキビシイでしょうか?

しかも燃費の悪さも非常に気になります。

だからこそ、このリスキーで魅惑的なユーノスコスモに・・・

小悪魔的な挑発に乗せられて・・・

ワタクシなんぞは、ヒョイヒョイとお尻を追っかけまわすような滑稽な構図が・・・

目に見えて想像できるわけです(^。^)

一度でいいから、乗ってみたいな。

「ユーノスコスモ」に。

おススメのクルマ雑誌

当管理人が厳選した、おススメのクルマ雑誌・カタログは コチラ です(^.^)

中にはスーパーレア?なアイテムもあるかもしれませんので、是非チェックしてみてくださいね(^。^)
スーパーレアなアイテムを見に行く

関連記事

【C210スカイライン】日産スカイライン ジャパンの取扱説明書

■目次 1. ジャパンの取扱説明書 2. 昭和52年 3. まとめ 4. 関連記事 5.

記事を読む

【2019年8月】日常点検

■目次 1. エンジンルームのチェック 2. 車の外周をチェック 3. まとめ 4. 関連記

記事を読む

【発売直後のF31レパード 】1986年当時の試乗インプレッションとは?

■目次 1. 1986年 2. 当時の試乗インプレッション 3. まとめ 4. 関連記事

記事を読む

日産 Y30グロリア ~世界の名車はV~

■目次 1. Y30グロリア誕生 2. VGエンジンの魅力 3. まとめ 4. 関連記事

記事を読む

【BMW 507のレストア】エルヴィス・プレスリーが愛したBMW 507

■目次 1. 弱冠23歳で手に入れた507 2. BMWクラシックカー部門によるフルレストア

記事を読む

【時代が令和に変わっても人気上昇中!】魅惑のネオクラシックカー おすすめ3選

■目次 1. ネオクラシックとは? 2. ネオクラシックカーの魅力 3. まとめ 4. 関連

記事を読む

【NA6CE】ユーノスロードスターの魅力♪スピリット・オブ・ロードスター♪

初代ユーノスロードスター 3つの魅力 「CARトップ ニューカー速報NO.18 1989年」か

記事を読む

【BNR32 スカイラインGT-R】16年振りのGT-R復活

■目次 1. R32スカイライン GT-Rの魅力 2. 8代目スカイライン 3. まとめ 4

記事を読む

【FERRARI創始者 エンツォ・フェラーリ】伝説の跳ね馬とともに過ごした、その波乱万丈な生涯とは?

■目次 1. フェラーリの魅力 2. エンツォ・フェラーリ氏の生涯 3. まとめ 4. 関連

記事を読む

【NEWレパード価格表】新車価格表 1990年 当時物

■目次 1. レパード価格表 2. 1990年1月発行 3. XJ V20E 4. メーカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【24万キロ達成】F31レパードに乗りたくて

■目次 1. 24万キロ達成 2. 25万キロまであと少し 3.

【10月1日は天下一品の日】千葉県民の悲しみ~ラーメン1杯無料券をGetするためにテンイチ難民が取った行動とは?

■目次 1. 10月1日は天下一品の日 2. 千葉県民の悲しみ

【BMW 507のレストア】エルヴィス・プレスリーが愛したBMW 507

■目次 1. 弱冠23歳で手に入れた507 2. BMWクラシック

【2019年9月】エンジンオイル交換~車検のコバック~

■目次 1. オイル交換はどこでやる? 2. スマホでカンタン予約

【広島ベンツ】5代目マツダ ルーチェの魅力

■目次 1. 1986年 2. 当時の試乗インプレッション 3.

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑