*

Fender Japan ST62-65 JVシリアル

公開日: : 最終更新日:2018/10/10 Fender Japan, 音楽・楽器

JVシリアルの分解

以前の記事でもJVシリアルを取り上げましたが、今回もJVシリアルの後期モノを紹介させていただきます。

それでは今回の個体をみていきましょう。

ボディ

カラーはオリンピックホワイトにべっ甲ピックガード。

ボディ材はアルダーになります。

バックプレートもしっかり残っています。

塗装はラッカーではなく、ポリ塗装ですね。

そしてネックポケットには「Cスタンプ」の印字が確認できます。

これは当時6万5千円のグレードの証ですね。

シリアルナンバー

JVシリアルの93000番台です。

後期にあたるものだといえますね。

サドルは経年相応の錆が目立ちます。

ボリュームなどのノブ類はオリジナルでしょうか?

ピックアップのボールピースにも錆が目立ちますね。

ネックデイト

1985年8月5日と記されています。

当時の職人さんが鉛筆で記していたという点に、グッとくるものがあります!

そして「MADE IN JAPAN」のロゴですが、後期に入るとヘッドではなく、ネックヒールにロゴが入ります。

初期の初期はヘッドにロゴがあるのですが、これは後期なのでヘッドには無いですね。

「MADE IN JAPAN」のロゴはネックの根元にありました。

ネックエンドには「STC-62」の表記があります。

ちなみに「STA」と表記されるものは、当時11万5千円定価。

「STB」表記は8万5千円定価。

「STC」表記が6万5千円定価のモノです。

当時はまだネック材にしても、良い材があったのでしょうね。

指板

指板はローズウッドです。

指板専用オイルを塗ったら、本来の黒々とした色味が蘇りました。

 

アッセンブリ

ピックアップはレッドボビンが載っています。

配線材はビニール線で、ポットもUSA製ではなく一般的な物のようですね。

ボリュームポットはバージン半田ではなさそうですね。

トーンポットはバージン半田のような気がします。

セレクタースイッチには、さすがにガリがありました。

接点復活剤を吹きかけると見事に蘇りましたね。

セレクタースイッチは、DM-30が載っていました。

個体によってはDM-50が載っているモノもあるようです。

今回、感心した点はピックアップを支えるゴムブッシュです。

経年劣化でゴムが溶けてしまうことが多いのですが、この個体は溶けずに残っていました!

ボディのザクリを見てみましょう。

丁寧な作りのピックアップキャビティ。

ポットキャビティも精巧に作られていますね!

トレモロブロック

巷では「トレモロブロックとスプリングでサウンドが変わる」とまで言われている箇所です。

一般的には鉄製のブロックの方が音が良いと言われていますね。

ただ私には、その差が良く分かりません(^_^;)

この個体にはスプリングが4つ入っていました。

JV(Japan Vintage)

これほどまでに「JVシリアル期」のギターが注目されるとは、当時の関係者も思ってもいなかったでしょうね。

最近では日本ならず、海外のコレクター達が初期モノをこぞって集めていると話に聞いています。

私たちの心を熱くさせる、「物作り」に命をかけた当時の職人さんに心から敬意を表します。

 

関連記事

【Fender Japan】 JVシリアル

【80年代 ジャパンビンテージ】TOKAI ストラトキャスター 

「 音楽・楽器 」 一覧 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

関連記事

休日のレンタルショップ

せっかくの休日でしたが雨だったので、久しぶりにレンタルショップに立ち寄りました。 家のキッチン

記事を読む

ブルースの王様  B.B KING  

2015年5月14日に、89歳でこの世を去ったブルースの神様「B.B.KING」は偉大なるシ

記事を読む

【Suchmos】サチモスのカッコ良さ〜5つの理由〜

Suchmosの魅力 Suchmos(サチモス)とは2013年に結成された、今話題の神奈川出身のバ

記事を読む

【BLUES】おすすめのブルース名盤

■目次 1. ブルースの魅力 2. おススメのアルバム 3. まとめ ブルースの魅力 突然

記事を読む

【Fender Japan】 JVシリアル

Made in Japan フジゲン製~それはJVシリアルから始まった~ 1970年代から80年

記事を読む

【Fender Japan】 JVシリアル〜創成期の1800番台〜

JVシリアル 前回、JVシリアルの14000番台や、93000番台を検証してみましたが、今回はそれ

記事を読む

【80年代 ジャパンビンテージ】TOKAI ストラトキャスター

久しぶりに押入れから、昔のギターを引っ張り出しました。 時代は1970年代後半から1980年代に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【SEIBERLING SL101】155/65R 14 75S

■目次 1. SEIBERLINGの魅力 2. 信頼のMade i

【ボンネットフードロックのお手入れ】KURE 高浸透パーツクリーナーを使ってみた感想

■目次 1. ボンネットの開閉 2. KURE 高浸透パーツクリー

【2019年11月】12カ月点検

■目次 1. 法定点検 2. ブレーキパッド残量 3. まとめ

【HE22S アルト ラパン】 ショコラ Chocolatの魅力

■目次 1. ショコラの魅力 2. 内装が可愛い 3. 今後のメ

【GT Cafe 軽井沢】日帰り温泉ツーリング

■目次 1. ツーリング 2. GT Cafe 軽井沢 3. 十

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑